性病への被害妄想

” 思春期というのは、感性が鋭敏で、精神的に不安定だったりする。時に本人以外誰も気づかないようなことに悩んだり恐れたりする。

 よく中学生の頃、高校生の頃、性病について本や雑誌で知識を仕入れてその病の存在におそれ、また性的体験が無いのに拘わらず感染に心配した。

 特に淋病、梅毒は風邪ぐらい身近にあるような気がして、畏怖した。雑誌や本からの知識として梅毒は、初期のころは自覚症状に乏しくて、次第に体の中から体内を蝕まれ、最後は脳もやられて狂ってしまうという結末で、その悲惨な様を想像しては、一人自分は大丈夫だろうかと恐れました。

 まず小豆だいの突起物が感染するとその個所に出来るなどという記事を読んでこれがそうじゃないかと体の変化を気にかけ、潜伏期間のなど計算して仕舞ったりと、とにかく心配症に陥りがちです。

昔は若いころはインターネットで自宅で性病検査が出来るキットなどは購入は出来なかったので、悶々とした日々を送っていたのです。

今は誰でもお手軽に性病検査を受けられる時代なのです。

こちらのサイトが性病検査についてとても詳しいサイトなのでご紹介いたします。

こういったサイトに出会えていたらとてもよかったなと思いました。

性病検査について詳しいサイト

体力を維持する

50歳以上の人の健康について思うことは、体力作りをする時には膝の関節に気を付けた方がいいということでしょう。

若いころの身体と50歳を過ぎた体では関節の状態が違っていますから、無理をして運動をしない方がいいのかなと思います。

体力作りは無理をしなくても毎日歩いたり簡単なストレッチ程度でも出来ますから、激しい運動にチャレンジしなくてもいいはずです。

また食べ物などからも体力をつけることは出来るかと思います。

関節の中で50歳を過ぎてから弱くなる部分は膝だと思いますが、膝の関節は1回悪くなると元に戻るのが大変だと言われています。

膝の関節を守るのは自分しかいないし、どうやって守っていくかについては専門家の意見を参考にするのもいいですし、本を読んで関節についての知識を増やしてみるのもいい方法です。

50歳くらいになったら、とにかく運動では無理をしないということを覚えておいた方がいいでしょう。

食べ物と言えば体力の付くものはにんにくなどが挙げられます。

にんにくはスーパーなどに行けば買える手軽な食材です。ただ、体力がつくからと言って食べ過ぎは良くはありません。

食べ過ぎると胃壁に穴をあけたりしてしまい、返って逆効果になってしまいます。

適度な量が取れて、しかも胃壁など消化にも悪くないとなるとサプリメントが良いかもしれません。

にんにくサプリのおすすめがありますのでリンクを掲載しておきます。

リンク

若くいるためのファッションメンズ

若い格好をしている男性をどう思いますか?今は男性のファッションといってもフェミオ的な感じのファッションでなければ、若い世代と似たような服を着ていてもそれほど可笑しいとは思いません。

誰かと同じファッションでいることは必要ありません。特に男性って女性ほどは、ファッションの一貫性がないといわれています。

特に女性って、あるものが流行ったら、みんな同じように買い求めます。
そして、男性ってそういうことは滅多にないので、男女の違いがよく分かります。

それでも、男性がよくこだわるファッションアイテムってありますよね。
それは、カバンと靴と腕時計だと思います。

これらは、プライベートだけじゃなくて、ビジネスでも活用できるのが大きいです。
特にサラリーマンの男性ならば、ビジネスの場でもオシャレが求められたりもします。
その場合は、ビジネスに合う良いカバンや靴や、時計を使いたいですよね。
そしてそれにより、仕事に対するモチベーションなども上がると思います。

このように、男性がこだわるファッションアイテムは、仕事とも関連してくることが分かります。

特に30代を超えたあたりからのファッションというのは20代の若い世代、そして40代への架け橋として、色々悩むところだと思います。

いくら年齢を気にしないといっても40代になってサルエルパンツは似合わないかもしれません。

そういう意味では年齢というのは考える必要もあるのかも知れませんね。

30代のファッションについてはこちらがおススメです。40代もイケるかも知れません。
参考にどうぞ。

http://www.wateres.com/

元気でいるために大事なこと

気力を若く保つためには自分の気持ちが若くないとダメですよね。

たとえばファッションです。

ファッションが若いと心も若いといわれますが、若づくりしているとか批判は置いておき、自分の好きなものを着るというのは精神衛生上とても良いと思います。

私はあまり人の意見は気にしないタイプなので、批判されても別に何とも思わないのかなと思います。

元気とは

人が生きていくうえで、元気という源はなにから生まれるのでしょうか。

気力でしょうか。

体力でしょうか。

私はどちらも重要だと思いますが、ようはバランスではないかなという気持ちがあるのです。

全ての歯車がうまく回ることで人間の生きる力というのは漲っていくのではないでしょうか。

上手くいかないときもあります。

また、風邪をひいたりするときだってあると思います。

ストレスがたまることばかりだと思いますが、しかしそれでも上手く発散させながら、自分の未来を切り開くのです。

それがブレイクスルーだと思いますがいかがでしょうか。